marathon

怪我が少ない事が第一

アスリートの方で、悩まれるのがスポーツ障害です。
どんなに良いパフォーマンスが出来ても、怪我一つでパフォーマンスが下がってしまいます。
怪我を少なくする為には、身体をしっかりと使える事も大切です。

例えば、軸がぶれていると(自覚はないですが)偏りができ、負担が片方にかかり結果として怪我に繋がることがあります。
当院では、身体を包括的にケアする事で怪我の少ない身体作りのお手伝いをしています。

パフォーマンスを上げたい!

昨今、アジリティが注目されています。
アジリティとは俊敏性とも言われますが、動作の切り替えです。
ほとんどの競技で必要になってきますね。

アジリティが注目される背景には、筋トレで鍛えても、鍛えた筋肉がうまく使えない事が多く
単純な動作はスムーズに出来ても、動作を繋げると出来ないずパフォーマンスがあがらないからです。
この様な時、大切なのが神経の流れと中枢での処理です。

当院では、身体を包括的にケアする事で入力・出力のバランスを取っていきます。