カイロプラクティックとは

手により施すという意味を持ったアメリカ生まれのヘルスケアです。

1895年(明治28年)9月18日
カナダ生まれのアメリカ人 ダニエル・デビット・パーマー氏が
難聴者の脊椎を矯正したところ、難聴が回復したのが、始まりです。

その後、世界に広がりWHO(世界保健機関)が認める療法となりました。
現在ではアメリカでは困った時に最初にお世話になる町のお医者さん的な存在です。

また、スポーツの分野では、陸上のウサイン・ボルト選手やテニスのノバク・ジョコビッチ選手などが
ケアのため、カイロプラクティックを取り入れています。

私が思うカイロプラクティック

みなさんがカイロプラクティックを何ヶ所か受けられると、違いに驚かれるのではないかと思います。
それほど、施術者の考え方、捉え方が違う手技療法だと思います。

この違いは教育機関によって、教える内容が異なる事
施術法(テクニック)が、数多くある事
etc。。。などがあると思います。

私が思うカイロプラクティックとは
①身体の部分ではなく、全体を大切にしており、人が健康であるためには、構造、栄養、精神のバランスが大切であると考えています。
②『症状』ではなく『機能』に注目しているので、構造においては、個々の関節が正常に動くのか?、神経の流れが正常に機能しているのか?、筋肉組織は正常に機能しているのか?この関節と神経と筋肉に注目しています。
③検査を行い、解剖学、生理学、生体力学などを基に施療を行います。

このが、今現在私が思うカイロプラクティックです。
始めた当初は、ポキポキならすのがカイロプラクティックだと思っていたので、随分変わったな~と思いますw

日本のカイロプラクティック事情

日本では法的な規制はありません。
ですから、誰でもカイロプラクティックの看板をあげる事が出来ます。
教育機関も1日コース~4年全日制とバラツキがあります。