Pocket

健康番組で色んな事が取り上げられていますが
意外に糖化が取り上げられる事が少ない様な気がします。

糖化とは体内でタンパク質と余分な糖分が引っ付く事で
引っ付いた物を糖化最終生成物(AGEs)と云い
AGEsは老化に関わっている事が解っており注目を集めています。

AGEsは口から体内に入るものと、身体の中で作られる物があります。
口から入るものはベーコン、バター、マーガリン、マヨネーズ、チーズなどが多く含んでいます。
これらは、目に見えるので意識しやすのですが

身体の中で作られるAGEsは普段の食生活が大きく影響してきます。
余分の糖分(炭水化物)が元になるので、ご飯、パン、うどん、パスタなど食べ過ぎには気を付けたいのと
血糖値が急に上がる様な食べ方は気をつけた方が良さそうです。

当院では、良くお話しますが急にストイックにしなくていいんです
ゆっくり、少しづつ生活に取り入れて頂ければと思います。