Pocket

週末に神経学の勉強をしてきました。

いつも神経学を学ぶとカイロプラクティックの可能性や出来る事の多さを感じずにはいられません!
もちろん知識・技術があっての話なので、まだまだ勉強です^^v

昨日の症例勉強会では、てんかんのある女性でした。
腕を水平に前にだすと手が震えて止まらない症状でした。

もちろん、健康な方でも多少の震えはありますよ^^
グルメリポーターの手元が震えてるあれです。。。
それは気にしなくてOK

てんかんは脳が勝手に活動するので意識で制御ができません
特徴として、けいれんが出やすい方もいますね

カイロプラクティックのアプローチはクスリでは
無く身体に刺激を入れる事で左右の大脳と小脳のバランスを取ります。
その結果、過活動になっている脳の負担を減らす様にします。

以前にも紹介しましたYoutubeでどんな感じか見て頂く事ができます。