Pocket

昨日、頭痛の方の症例を上げさせて頂きました。

当院は神戸市東灘区でカイロプラクティックを基礎に施術を提供しておりますので
関節の機能障害で頭痛が出てる方もいれば、
肩こりなどの筋肉の緊張(いわゆるコリ)で頭痛を感じている方もいらっしゃいます。

ただ、その前に危険な頭痛(緊急な対処が必要な頭痛)で

ない事が大前提!!

様々なサインを身体が出しているので、カイロプラクティックを受けられる前に
医療機関にかかられる方がほとんどですが、中にはサインに気づかずに来院頂く事もあります。

危険な信号を知って頂ければ頭痛が出た時の対応や心理的ストレスも変わってくると思いますので
参考までになればと幸いです。

①突然の頭痛
②今まで経験したことがない頭痛
③いつもと様子の異なる頭痛
④頻度と程度が増していく頭痛
⑤50歳以降に初めての頭痛
⑥感覚が変わったり、身体がいう事をきかない(神経脱落症状を有する)頭痛
⑦癌や免疫不全の病態を有する頭痛
⑧精神症状を有する方の頭痛
⑨発熱、首の極度なハリ(項部硬直)、髄膜刺激症状を有する頭痛

参考図書:慢性頭痛の診療ガイドライン2013

以上が9つが気をつけるべき頭痛とよく云われます。
上記にもう一つ足して頂いて
⑩寝起きの頭痛、でも起きてしばらくすると落ち着く

おそらく上げたほとんどの頭痛があったら医療機関にまずかかられるかと思いますが
⑤や⑩などは気に止めない方も多いかと思います。

サインがあれば必ず危険な頭痛という訳ではないですが
(急な頭痛で救急外来にかかられた38.3%は片頭痛や緊張性頭痛、群発性頭痛などであった例があります)
安心のため、医療機関にかかる事をオススメします。

でも、昨日の方のように⑩に当てはまるけど危険でない方もいらっしゃるので
カウンセリングと検査がとても大切なんです^^