Pocket

書いていて長くなったので
先にポイントまとめました。

①適切にすれば、有効かつ安全です。
②資格は一定基準を満たすが、その後の勉強が大切
③勉強している内容が異なる

お時間ございましたら
中もご覧下さいm(__)m

先週、NHKのクローズアップ現代で放送された
「肩こり解消で思わぬ被害」が業界では
あれやこれやと、云われています。

結論から云うと
適切にすれば有効かつ安全でしょう

この適切とは、なんでしょうか?
資格ですか?

一個人としては違うと思います。

資格は決められた試験をパスした事を証明はしてくれますがそれが適切とは別だと思います。

もちろん、基準がしっかりしているので
一定の知識、技術は保障されているはずです。

ですから決して資格、試験を無意味だといってるわけではないですよ

むしろ、カイロプラクティックは、
その基準が団体・学校により
バラツキがあります。

諸外国では医療の一端をになっており
教育がしっかりしていても

こと、日本においては
諸外国と同じ基準を学べる学校もあれば
そうでは無い所もあります。

ですから日本ではカイロプラクティックの
基礎教育を修了した段階での知識、技術に
バラツキがあるわけです。

ただ、基準がある試験をパスしても
それに満足し学びを止める人もいれば
もっと勉強する方もいるでしょう

その後の勉強が必要な事は
現場にいる人ならご理解頂けると思います。

やはり各自の意識が一番大切だと思います。
これは前回にも書きましたね。

また、外から見ては分かりづらいですが
整骨院、マッサージ、カイロプラクティックは専門が全く違います

詳細は割愛すますが
要約すると

整骨院、接骨院(柔道整復)は
骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの
急性(発症から数週間)、亜急性(発症数週間~6ヶ月)を
専門としています。

マッサージ(あん摩マッサージ指圧師)は
なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為を
行っています。

カイロプラクティックは
神経や筋肉、骨格
障害を施療と予防する事を
専門としています。

詳しくは下記を参照して下さい。
公益社団法人日本柔道整復師会のHP
ウィキペディア(マッサージ)を参照させて頂きました。
ウィキペディア(カイロプラクティック)を参照させて頂きました。

それぞれ、専門がある訳ですから
専門外の事をするなら
一から学ぶ必要があると思います。

和食の勉強を積み重ねてきた料理人が
同じ料理てもフレンチを学びなくして作るのは
難しいと思いませんか?

最後になりましたが適切とは
専門か専門外か判断し
安心安全に施術する事だと考えています。

当院では、カウンセリング、検査を通して
カイロプラクティックに適応されないと判断した時は
医療機関をご紹介させて頂きます。