Pocket

膝に水が溜まるのは何故?

膝に負担が大きかったのが原因

膝のレントゲン
ご来院いただいている方から”膝”の相談を受けました。
同じ様な疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますので
ご参考になれば幸いです。

よく膝に溜まった水を抜くと癖になると聞きますが本当なのでしょうか??
そもそも、この水と云うのは関節の隙間を満たしている滑液(関節液)の事で
ヒアルロン酸を含み関節の動きをスムーズにする潤滑油の役割を担っています。

本来なら代謝(産出と吸収)のバランスが取れているので一定ですが
急性・慢性とも膝に負担がかかった事により均衡が崩れて産出>吸収となり水が溜まります。
膝の問題が解決されるまでは産出が多くなるので、それまでは抜いてもまた腫れてきます。
それゆえ、癖になると云われますが膝の負担が少なるに伴って元に戻っていきます。

急性の原因として運動での接触や外傷、感染性の原因などあり
慢性ではアンバランスの姿勢での運動や変形性膝関節症、軟骨の変性などがあります。