バランスラボはカウンセリング、検査を丁寧に行い、腰痛、肩コリ、頭痛などのケアに取り組んでいる 東灘区JR摂津本山駅から徒歩1分、阪急岡本駅から徒歩7分の整体・カイロプラクティックの施療院です。

片頭痛に関する基礎知識 

Pocket

日本人は四人に一人が「頭痛持ち」といわれているほど、頭痛に悩まされている人が多いようです。
現在、人数にすると約840万人、日本人の約8.4%の人が片頭痛の悩みを持っているといわれています。
そして、その中でも男性よりも女性の方が片頭痛に悩まされているようで、常に頭痛薬を持ち歩いているという女性も少なくありません。
しかし、そんな片頭痛は人によって原因や症状もいろいろなので、痛みのパターンや度合い、頻度もバラバラです。
また、片頭痛と頭痛の違いがよくわからないという人も多いので、こちらでは片頭痛の原因や症状、普通の頭痛との違いなど、片頭痛に関する基礎知識をご紹介しています。

片頭痛は日本人全体の8%にも及ぶとされる非常に日常生活に馴染のある症状ですが、一般的な頭痛とは症状が基本的に違うので片頭痛の症状をよく知ることが見極めることに繋がります。

片頭痛の原因には複数ありますが、ストレスやホルモンバランス、天候などが影響していることもあります。片頭痛になりやすい体質の人もいますが、原因を知ることで改善できるかもしれません。

片頭痛持ちの人の2~30%の人が、片頭痛前に何かしらの予兆や前兆を感じます。症状としては、イライラ、情緒不安定、疲労感、集中力がなくなる、閃輝暗点が起こる、手足のしびれなどです。

片頭痛は脳の血管が拡張することで引き起こされるため、低気圧は大敵です。天気が悪くなると頭が痛くなるというのは事実なのです。天気は操れませんが対策ができないものではありません。

食べ物の中には片頭痛を起こしやすいものもあれば和らげるものもあります。血管を拡張・収縮させるような食べ物は片頭痛になりやすいとされています。特にアルコールには注意してください。

片頭痛を発症する確率は相対的に見て女性の方が高いとされています。女性ホルモンの一つであるエストロゲンが低下する時期に片頭痛が起こりやすく、生理周期と深い関係があるためです。

片頭痛は20~40代の女性に特に多く発症しますが、年齢・性別問わず誰でも発症する可能性はあります。ただし、ホルモンバランスが変わる女性の片頭痛は年齢によって変化していきます。

運動不足だとストレスが溜まりやすく偏頭痛になりやすくなります。ストレス解消にはセロトニンの分泌を活性すればよいのですが、リズム運動などを日常的に行うことがおすすめです。

偏頭痛の前兆といわれているのが生あくびです。生あくびに血液が拡張するため偏頭痛になるリスクを高めるのですが、予防はなるべく安静にし、カフェインと摂るのが良いといわれています。

アルコールには血管を拡張させ、血流を良くする効果があります。片頭痛は脳の血管が拡張して起こるものですから、お酒は天敵です。飲みたいときは日を選んで飲むようにしましょう。

たばこは体に悪影響しか与えません。喫煙すると一時的に片頭痛が和らぐと感じる人もいますが、ニコチンによって収縮した血管が元に戻るときにもっとひどくなる恐れもあります。

コーヒーは脳の血管を収縮させる効果があり、片頭痛の症状が起きている最中に飲むと痛みが和らぎます。しかし、緊張型頭痛やカフェイン依存の人は逆効果となりますので気を付けましょう。

片頭痛は思春期の子供に発症する可能性もあります。完治はほぼ不可能な病ですから、症状を防ぐことが重要になってきます。親は子供をしっかりと見守り、規則正しい生活をさせてあげましょう。

片頭痛の人の多くが睡眠障害を併発しているというデータがあります。睡眠時間は不眠症が関係してきますが、不眠症の人は深夜や早朝に頭痛を発症するケースが多いようです。

肥満はあらゆる病気の元となり、片頭痛の原因にもなるとされています。体重の変化が片頭痛にどう影響するのかは研究段階にありますが、生活習慣の改善は片頭痛の改善につながります。

生理周期に伴う頭痛は「月経関連片頭痛」と呼ばれ、一定期間のみ発症する片頭痛は「純粋月経時片頭痛」と呼ばれています。女性ホルモンの急激な変化が原因とされています。

ストレスを感じると脳内でセロトニンが分泌されます。セロトニンは基本的には精神を安定させる良いホルモンですが、過剰に分泌されると反動で血管が拡張してしまい、片頭痛の原因となります。

目が急にチカチカして頭痛がある場合、偏頭痛の可能性が高く、少しでも早く回復させていくためには、原因を突き止め、専門医の指導の元、適切な処置をしていかなければいけません。

30代〜40代の更年期の女性が経験する偏頭痛には、およそ6〜7割にのぼるといわれています。偏頭痛を起こしやすい食べ物は避け、栄養バランスの良い食事と規則正しい生活を心がけましょう。

寝起きの片頭痛は様々な原因があります。しっかりと睡眠をとり、生活リズム、食生活に気をつけて、運動を行うといいでしょう。爽やかに毎朝を迎えることができるように気をつけてみてください。

片頭痛には「しびれ」を伴うことがあります。理由は血管が拡張し神経を圧迫させ炎症を起こしてしまうからです。痛みだけではなく、体を動かす神経にも影響を及ぼすためしびれが生じます。

片頭痛の原因にもいろいろありますが、一つには歯の噛み合わせが原因とも言われています。また、顎関節症との関連もあると言われていますから専門家への相談が必須でしょう。

顔面片頭痛は口元や目元がピクピクしてしまうだけでなく顔全体に痛みも生じてしまう怖い病気です。三叉神経が圧迫されることが原因と言われていますがほかにも原因は考えられます。

猫背になっていることによって血液の流れが悪くなり片頭痛を起こしてしまいますので、自分で意識して姿勢をよくして、猫背を治すようにしなくてはなりません。

むくみと片頭痛は密接な関係があります。頭部を指で押して、柔らかく感じた時には頭皮がむくんでいる可能性があります。これが血管を圧迫して片頭痛の原因となっている場合があるのです。

片頭痛が原因頭痛と、血圧が原因の頭痛の症状は非常に似ているため恐ろしい病気を見逃してしまう可能性があります。高血圧は頭痛の他にも様々な病気を引き起こすため、非常に恐ろしい病気です。

片頭痛がある人は、冷え性の人が多く、重症である場合が非常に多いです。冷え性は薬を服用したり、温めるだけでは改善できません。冷え性の体質を改善していくことが大切です。

片頭痛になる原因はさまざまですが、食べ物のアレルギー反応も関係しています。食べ物によるアレルギーの理由は、多くの加工食品に含まれている着色料や香料、添加物が考えられます。

片頭痛の最大の原因はストレスです。多くの人がストレスを感じる要因に疲れや疲労が挙げられます。疲れや疲労を感じるということは、身体や脳がストレスを感じている状態です。

チョコレートは片頭痛の原因ともなり、人によっては片頭痛を緩和させる効果もあります。どちらの場合であっても、チョコレートだけでなく、普段の食事でもバランスを摂っていきましょう。

スマホなどを長時間使用することで、ブルーライトの影響により、片頭痛が引き起こされる原因を生み出してしまうこともあります。適切な使用を心がけていくようにしましょう。

頭痛に悩まされている人が多いです。片頭痛の症状や原因も人によって様々です。常に頭痛薬を持ち歩いている人も多く、アセトアミノフェン製剤は熱を下げ、痛みを抑えてくれるでしょう。

片頭痛の予防薬に用いられるカルシウム拮抗薬は脳血管の過度な収縮を抑え、片頭痛の発作を予防する薬です。飲むことにより脳血管の収縮を抑えてくれるため、痛みを抑えてくれるでしょう。

片頭痛は、頭の中の血管が拡がることで起こる病気ですが、血管が拡がる原因は不明です。いつものことだからと片頭痛を放置するのは危険です。脳梗塞との関係もあると言われています。

片頭痛が起こるのは血管の異常が原因となっており、症状は人により異なりますが女性に多い病気と言われています。女性に多い原因として、女性ホルモンであるエストロゲンが関係あります。

片頭痛の原因や重症度は人によって異なりますが、片頭痛の治療は、急性期治療と予防療法というものがあります。片頭痛で処方される薬は、症状や治療方法によって異なります。

頭痛は大人だけではなく、子どもでも症状が出ます。頭痛として挙げられるのは、慢性的な頭痛である一次性頭痛は、緊張型頭痛、群発頭痛、片頭痛です。症状に気づいてあげましょう。

片頭痛の種類のひとつに、慢性片頭痛があります。発作性片頭痛患者と比べると慢性片頭痛は障害度が高いです。放置せずに原因を調べ、できるだけ早く適切な処置をしなければなりません。

片頭痛の発作によって、日常生活に支障が出る場合があります。発作が月に2回以上ある人や、6日以上ある人は予防療法について知っておきましょう。予防療法のひとつに、薬剤の服用があります。

緊張型頭痛は、毎日のように頭痛に悩まされていることが多い疾患です。緊張型頭痛は、初めの症状は時々であっても、段々と連日性となってしまい、慢性化してしまうことも少なくありません。

片頭痛は、慢性頭痛として最も多いと言われている疾患です。片頭痛と言う名前の通り頭部の片側だけ痛みを感じることが多く、痛みの性質は、波動性と言って、痛みが反復して生じます。

群発頭痛で悩んでいる人は、圧倒的に男性が多いと言われており、女性の約10倍とされています。悩んでいる人の年齢は、20歳から50歳代に多いです。年齢や性別によっても頭痛の疾患は異なります。

高血圧に悩まされている場合は片頭痛の原因ともなるため、食事に気をつけなければなりません。特に、塩分の摂りすぎです。普段の食事で減塩を意識すると頭痛の発生リスクが少なくなるでしょう。

片頭痛が治りにくい人はインスリン抵抗性、高肥満という共通点があります。インスリンを受け取る細胞がインスリンに反応しない人は、減量しても片頭痛が続く率が3.5倍高いです。

片頭痛に悩まされている人の中には閃輝暗点という目がチカチカする症状がある場合に効かない薬があります。この症状がある人やスマトリプタンを服用している人は薬を見直してみましょう。

片頭痛の痛みを抑えるために薬を服用している人がいますが、漢方を飲むことも効果的です。しかし、漢方にも様々な種類があるので、症状や体質によって適切な漢方を飲む必要があります。

体調不良は体のバランスのくずれが原因かも?!

神戸市東灘区田中町1-8-14クレフ本山1F TEL 078-411-7115 受付時間        定休日:金曜日 
平日:10:00~21:00(最終受付20:00)
土日祝:9:00~20:00(最終受付19:00)
24時間ネット予約受付けしております。

ご予約はこちらから

体調不良は体のバランスのくずれが原因かも?!

お知らせ

夏期休暇のお知らせ

8月13日(日)~15日(火)まで夏期休暇になります ご不便お掛けしますが、宜しくお願いします。

chiro
急に腰・首が痛くなった時
知っておくと便利!お役立ちコラム
食品安全情報blog
ameba

最近の傾向と対策

2017.08.06
兵庫県西宮市では昨日から夏の高校野球も始まり夏真っ盛りです、冷たいビールにアイスが美味しい季節
でも、取りすぎで胃腸に負担かかっていませんか?
胃腸のバランスをとっている自律神経をカイロプラクティックでケアしてより良い夏を過ごされてみるのは如何でしょうか?
2017.02.07
立春も過ぎ、春が待ち遠しいですが
今週から来週にかけて寒さが厳しくなりそうです。
冷えにより、筋肉などの軟部組織が硬くなると
寝違い、ぎっくり腰になりやすいですので
暖かくしてお過ごし下さい。
2016.08.04
熱帯夜が増えてきました。
寝不足になり、夏バテになる事があります
適度にエアコンを使用して、夏を乗り越えましょう。
2016.07.06
夏日続いています、気をつけて下さい
身体が夏の準備を整える前に真夏の暑さになっています
自律神経の機能が低下していると気温に対応しにくいです
普段以上に気をつけてお過ごし下さい。
そして、神経の機能を高めることをオススメします。
2016.06.27
沖縄も梅雨明けて夏至も過ぎて
関西は梅雨本番な感じです。
この時期は気温が25度を境に動きますので
自律神経には負担がかかります。
背骨の状態によっては自律神経に影響しますので
この時期に疲れやすい方は身体のケアをしてみては
如何でしょうか?
2016.04.11
春らしくなってきた所で、急に寒さが戻ってきました。
血流を調節し体温を管理している自律神経にとっては
迷惑な気候ですが、その分各自が生活に気をつけて頂ければと思います。
2016.02.08
昔から三寒四温という言葉はありますが
これからの1週間は急に季節が進みますので
体感しやすいでしょう。
寒さに慣れていた身体にはビックリな変化になり
気温以上に暑く感じる事が予想されます。
体温を調節している神経系がしっかり働いていれば順応しやすいですが、便利な世の中で自身で発熱させる努力をしなくても
暖かい衣類や器具に頼っていた身体では神経系の反応が落ちているでしょう。
神経を整えるカイロプラクティックで整えるのも良し
自身で身体を動かしたり、影響に気をつけた食事を意識するもの大切です。
気をつけてお過ごし下さい。
2016.01.18
明日から一気に寒さが厳しくなりそうです。
また、インフルエンザが流行に入っていますので
一層の風邪対策をしていただければと思います。
手洗い、うがいはもちろん、室内の加湿も
体温を上げるための軽めの運動に湯船で暖めることもいいですね
身体を調節する神経の働きが下がっている方は
カイロプラクティックでのケアも良いかと思います。
しっかり準備をして寒い冬の乗り切りましょう
2016.01.13
気が付けば1月も半ばですね
ようやく冬らしくなってきましたが、如何お過ごしですか?
お正月の反動と寒さで背中のハリなど
体調不良を感じる方が増えています。
よく暖めていただく事と消化の良いものを摂って下さいね。
2015.12.10
今晩からしばらく気温は高め
こんな時は知らない内に身体を冷やしがちになります。
循環不良からくる肩こり、寝違い、ぎっくり腰に
自律神経の不調からくる、身体のダルさに体調不良に気をつけて下さい。
カイロプラクティックケアもお忘れなく♪
2015.12.04
予報通り一気に寒気が入り冬模様になりましたね
でも、来週半ばからは気温がグンとあがりそうです。
体調管理に気をつけるのは、もちろんですが。
神経のバランスを取るために
カイロプラクティックでケアをする事もお忘れなく!
整体やマッサージ、鍼灸、整骨院もいいですが
カイロプラクティックも選択肢にいれてみては如何でしょう?
2015.11.24
明日、一気に寒くなります!!
寒暖差は自律神経に負担がかかります、身体を冷やさない様に気をつけて下さい。
気をつけても、肩こり、腰痛、頭痛などが出る事があります。
症状がでたら早めにカイロプラクティックのケアをオススメします。
整体に接骨院、マッサージなども、状態によって良いかと思います。
まずは我慢せずに早めの対処を!!
2015.11.14
週替わりで気候が変わっています。
神戸市東灘区は今週は気温が高め
この寒暖差が普段から腰痛、肩こり、頭痛を持ってる方には
負担になります。
ただの整体ではなく、全体はみるカイロプラクティックのケアをオススメします。
2015.11.05
週替わりで気温の高低がありますね
今週は神戸市東灘区では比較的過ごしやすい気温ですが
来週からは、また平年通りになるようです。
この様に変化が著しい時は身体の恒常性に欠かせない自律神経に負担がかかります。
結果として片頭痛や寝違い、ぎっくり腰、なんとなくダルイなどの身体症状がでやすいです。
整体やカイロプラクティックなどの施術を受けて
神経のバランスを整えるのも大切です。
2015.10.27
昨日は久しぶりの雨が降り前後で気温の変動が
神戸市東灘区だけではなく、全国的に大きかったようです。
なんとなく身体がダルイ、気が滅入るなど
不安定な体調になりやすいので
お気をつけてお過ごし下さい。
日々のケアとしてカイロプラクティックや整体などで
身体を整えることをお勧めします。
2015.10.25
今朝から気温がググッと下がっています。
神戸市東灘区では朝が14度と今シーズン一番の寒さになりました。
この1週間は先週と比べて低くなりますので、腰や首、背中などのこわばり感が出やすく腰痛、肩こり、背中のハリを感じやすくなると思われます。
また結果として寝違い、ぎっくり腰などになりやすいのでお気をつけ下さい。
当院ではカイロプラクティックをベースに寝違いやギックリ腰になりにくいカラダづくりもめざしていますので
予防を考えれていましたら、ご相談下さい。
2015.10.21
神戸市東灘区は今週気温が高くなっています。
季節の逆戻りによって、身体への負担が増えて
寝違いやぎっくり腰になりやすくなっておりますので
お気をつけてお過ごし下さい。
2015.10.06
 icon-warning 神戸市東灘区の最高気温が25度を切ってきました。
ヒトの体温調整は25度を基準に保温したり、発熱したりする為
これからは、身体を冷やさない様にする事を心がけて欲しいです。
自律神経が乱れていれば調整も上手くいきませんので
整体やカイロプラクティックの施術で神経のバランスを整える事をオススメします。
またセルフケアとしては呼吸法なども良いと思われます。
2015.10.03
今朝の神戸市東灘区の最低気温は今季で一番の低さになったようです。
日中は日が出てるので体感的にも10度以上の寒暖差を感じると思われます。
体温を調節する自律神経には負担の掛かる気候ではありますが、感覚では清々しい秋晴れの日になります。
しかし、バランスのとれていない方には負担です。
セルフケアとして、こまめな脱ぎ着と水分補給です。
また、神経を整えるためにカイロプラクティックや整体でケアをする事も良いです。
未病の段階からのケアも考えていいのではないでしょうか。
2015.09.22
シルバーウィークも後半ですね
ここしばらく神戸市東灘区の天候は恵まれています。
気温も25度前後で過ごしやすいのですが
これくらいだと、気がついた時に冷えすぎ、もしくは水分不足になるので、意識的に行動して下さい。
2015.09.15
今週は気候がわりに安定していそうですね。
神戸市東灘区の気温のブレも少なくなり
こんな時は調子の良い方が多いかと思います。
来週の秋分の日がすぎれば徐々に冬に近づいていきます。
体調の良い時こと、身体のメンテナンスに運動など心がけましょう。
2015.09.08
今年は台風がバンバン来ています。
神戸市東灘区にも近づくおそれがあります。
こんな時は、自律神経に負担が掛かり
普段何でもない事が身体にはきつい事があります。
その結果、腰痛、肩こり、頭痛などを感じる事があります。
明日、明後日は台風が近づきますので気をつけて下さい。
2015.09.05
急性の症状を感じる方が増えています。
急に秋になった事で身体がついていけず
腰痛・寝違い・頭痛を感じる方が増えています。
神戸市東灘区の最低気温がここ数日下がり続けているのが
原因かと考えられます。
しばらく、体調管理に気をつけて下さい。
2015.09.02
気候が不安定です。
自律神経に負担の掛かりやすい季節になっています。
日中、暑く、夜は涼しくなってきています。
神戸市東灘区の最低気温が24度と25度を下回り始めているので
こまめに脱ぎ着をして体温調整をして頂きたいのと
まだまだ、水分補給は大切ですので
紫外線対策とともに行ってください。
2015.08.25
台風が近づいた事で気圧の変動が大きくなっています。
神戸市東灘区の気圧はここ数日で一気に下がっています。
その影響で頭痛やダルさなどの体調不良を感じる方が増えています。
変化に身体がついて行けていないからだと思われます。
こんな時こそ、規則正しく過ごしていただき
自律神経に負担のかけないよう過ごして頂きたいです。
2015.08.01
暑いです!とにかく暑いです!!
神戸市東灘区の最高気温35度越えそうです!!
水分補給も大切ですが
ミネラル補給、紫外線対策もお忘れなく。
発汗が多くなりますので同時にミネラルも損失しています。
熱中症は怖いですが、ミネラルを損失する事で頭痛やふらつき、身体のだるさなど感じる事があるかもしれませんご注意下さい。
日焼け(サンバースト)する事で熱を逃がしにくくなると
熱中症のリスクが高まります。また、皮膚は外のと隔たりでバリアの役割をになっていますのでケアをお忘れなく。
2015.07.23
梅雨は明けましたが
スッキリしない天気が続いています。
神戸市東灘区の昨日の湿度は85%!!
台風もこの時期にしては近づいて来る事が多そうです。
こんな時は、寝違い、ぎっくり腰、体調不良など多くなります。
体調管理に気をつけましょう。
2015.07.04
梅雨真っ只中ですね。
神戸市東灘区は24度/23度と最低気温が高く
ジメジメ、ムシムシしていますが
日によって肌寒く感じる事が多くあります。
この時期は体調を崩しやすいです。
冷たいものを取り過ぎないように、でも水分はこまめに取って頂きたいです。
2015.06.16
沖縄では梅雨明けしましたが、その分本島では気候が不安定になっています。
その影響か寝違い、ギックリ腰の方が急増しています。
神戸市東灘区は23度/20度と温度差が少ないです。
毎度の事になりますが、気候が不安定になると自律神経に負担がかります、体調を崩しやすくなります。
こまめに脱ぎ着する事、質の良い睡眠、バランスの良い食事を心かげましょう。
2015.06.03
雨が降ったおかけで、気温の上がりが落ち着きましたが
その分、湿度が上がってジメジメしています。
神戸市東灘区は25度まであがりそうです。
エアコンの効いている施設が増えてきていますので
こまめに脱ぎ着をしましょう。
2015.05.25
もう夏の様な感じの暑さですね
神戸市東灘区は最高気温が高くなります。
この時期から増えてくるのが
エアコンによる体調不良です。
もう、すでに来られている方がいらっしゃいます。
エアコンの風を直に当たらないように
冷たい空気は下にたまるので、足元が冷えないように
外気温との温度差もストレスになるので設定温度は高めに
するよう気をつけましょう。

2015.05.13
台風が過ぎて一気に夏日になりそうです。
神戸市東灘区の気温は一気に上がりそう。
水分不足で熱中症にならないよう、渇きを感じる前に水分補給を行いましょう。
また、紫外線も強くなります。日焼けすることでも身体の放熱の仕組みが変わりますので、日焼け対策もお忘れなく。
2015.05.06
明日から仕事の方も多いのではないでしょうか?
GWで生活リズムが変わった事で、身体がすぐに対応できず
疲れが抜けにくくなる事があります。
質の良い睡眠、バランスの取れた食事を心がけることで、リズムを取り戻しましょう。
2015.05.02
寝る時の服装に注意!!
神戸市東灘区の朝と夜の気温が25度をはさんで行ったり来たりする
ここ数日ですが、自律神経にとってはとても負担になります。
夜、暑いなと思って寝てしまうと
思わぬ寝冷えで、体調を崩す事になりかねません。
せっかくのGWです、気を付けてお過ごし下さい。
2015.04.23
寝違い、ギックリ腰に注意して下さい。
日中が暖かくなりましたが、朝晩には冷える事が多い、今の季節、
自覚している以上に冷えてしまう事があります。
冷え切った筋肉は急な伸びに対応出来ません。
こまめに脱ぎ着して対応して下さい。
神戸市東灘区の最低気温は低いので気をつけましょう。
また、ギックリ腰になりにくい身体づくりに
カイロプラクティック、整体をうけて
メンテナンスをしましょう。
2015.04.16
今日は日中ずいぶん気温が上がったみたいです。
この時期、気温が上がると
普段水分補給の習慣がない方は
脱水症状の様な訴えが多くなります。
こまめに水分補給をして下さい。
神戸市東灘区の最高気温は高くなりそうです。
体温調整をする自律神経を整える事も大切
カイロプラクティックや整体の施療を受ける事もオススメします。
2015.04.06
明日辺りから、気温が下がってきます。
水曜には真冬なみに戻るそうなので、暖かい気候になれ始めた身体には負担になります。
冬物の準備しといて下さい。
神戸市東灘区の気温は不安定です。
2015.03.30

日中は初夏の陽気になる事もあります。
水分補給をしっかりして下さい。
また、急な気温の変化で自律神経に負担がかかっています。
質の良い睡眠を心がけてください。
また、カイロプラクティックや整体のケアを受けることも勧めします。
神戸市東灘区は暑くなりそうです。