日本人は四人に一人が「頭痛持ち」といわれているほど、頭痛に悩まされている人が多いようです。
現在、人数にすると約840万人、日本人の約8.4%の人が片頭痛の悩みを持っているといわれています。
そして、その中でも男性よりも女性の方が片頭痛に悩まされているようで、常に頭痛薬を持ち歩いているという女性も少なくありません。
しかし、そんな片頭痛は人によって原因や症状もいろいろなので、痛みのパターンや度合い、頻度もバラバラです。
また、片頭痛と頭痛の違いがよくわからないという人も多いので、こちらでは片頭痛の原因や症状、普通の頭痛との違いなど、片頭痛に関する基礎知識をご紹介しています。

片頭痛は日本人全体の8%にも及ぶとされる非常に日常生活に馴染のある症状ですが、一般的な頭痛とは症状が基本的に違うので片頭痛の症状をよく知ることが見極めることに繋がります。

片頭痛の原因には複数ありますが、ストレスやホルモンバランス、天候などが影響していることもあります。片頭痛になりやすい体質の人もいますが、原因を知ることで改善できるかもしれません。

片頭痛持ちの人の2~30%の人が、片頭痛前に何かしらの予兆や前兆を感じます。症状としては、イライラ、情緒不安定、疲労感、集中力がなくなる、閃輝暗点が起こる、手足のしびれなどです。

片頭痛は脳の血管が拡張することで引き起こされるため、低気圧は大敵です。天気が悪くなると頭が痛くなるというのは事実なのです。天気は操れませんが対策ができないものではありません。

食べ物の中には片頭痛を起こしやすいものもあれば和らげるものもあります。血管を拡張・収縮させるような食べ物は片頭痛になりやすいとされています。特にアルコールには注意してください。

片頭痛を発症する確率は相対的に見て女性の方が高いとされています。女性ホルモンの一つであるエストロゲンが低下する時期に片頭痛が起こりやすく、生理周期と深い関係があるためです。

片頭痛は20~40代の女性に特に多く発症しますが、年齢・性別問わず誰でも発症する可能性はあります。ただし、ホルモンバランスが変わる女性の片頭痛は年齢によって変化していきます。

運動不足だとストレスが溜まりやすく偏頭痛になりやすくなります。ストレス解消にはセロトニンの分泌を活性すればよいのですが、リズム運動などを日常的に行うことがおすすめです。

偏頭痛の前兆といわれているのが生あくびです。生あくびに血液が拡張するため偏頭痛になるリスクを高めるのですが、予防はなるべく安静にし、カフェインと摂るのが良いといわれています。

アルコールには血管を拡張させ、血流を良くする効果があります。片頭痛は脳の血管が拡張して起こるものですから、お酒は天敵です。飲みたいときは日を選んで飲むようにしましょう。

たばこは体に悪影響しか与えません。喫煙すると一時的に片頭痛が和らぐと感じる人もいますが、ニコチンによって収縮した血管が元に戻るときにもっとひどくなる恐れもあります。

コーヒーは脳の血管を収縮させる効果があり、片頭痛の症状が起きている最中に飲むと痛みが和らぎます。しかし、緊張型頭痛やカフェイン依存の人は逆効果となりますので気を付けましょう。

片頭痛は思春期の子供に発症する可能性もあります。完治はほぼ不可能な病ですから、症状を防ぐことが重要になってきます。親は子供をしっかりと見守り、規則正しい生活をさせてあげましょう。

片頭痛の人の多くが睡眠障害を併発しているというデータがあります。睡眠時間は不眠症が関係してきますが、不眠症の人は深夜や早朝に頭痛を発症するケースが多いようです。

肥満はあらゆる病気の元となり、片頭痛の原因にもなるとされています。体重の変化が片頭痛にどう影響するのかは研究段階にありますが、生活習慣の改善は片頭痛の改善につながります。

生理周期に伴う頭痛は「月経関連片頭痛」と呼ばれ、一定期間のみ発症する片頭痛は「純粋月経時片頭痛」と呼ばれています。女性ホルモンの急激な変化が原因とされています。

ストレスを感じると脳内でセロトニンが分泌されます。セロトニンは基本的には精神を安定させる良いホルモンですが、過剰に分泌されると反動で血管が拡張してしまい、片頭痛の原因となります。

目が急にチカチカして頭痛がある場合、偏頭痛の可能性が高く、少しでも早く回復させていくためには、原因を突き止め、専門医の指導の元、適切な処置をしていかなければいけません。

30代〜40代の更年期の女性が経験する偏頭痛には、およそ6〜7割にのぼるといわれています。偏頭痛を起こしやすい食べ物は避け、栄養バランスの良い食事と規則正しい生活を心がけましょう。

寝起きの片頭痛は様々な原因があります。しっかりと睡眠をとり、生活リズム、食生活に気をつけて、運動を行うといいでしょう。爽やかに毎朝を迎えることができるように気をつけてみてください。

片頭痛には「しびれ」を伴うことがあります。理由は血管が拡張し神経を圧迫させ炎症を起こしてしまうからです。痛みだけではなく、体を動かす神経にも影響を及ぼすためしびれが生じます。

片頭痛の原因にもいろいろありますが、一つには歯の噛み合わせが原因とも言われています。また、顎関節症との関連もあると言われていますから専門家への相談が必須でしょう。

顔面片頭痛は口元や目元がピクピクしてしまうだけでなく顔全体に痛みも生じてしまう怖い病気です。三叉神経が圧迫されることが原因と言われていますがほかにも原因は考えられます。

猫背になっていることによって血液の流れが悪くなり片頭痛を起こしてしまいますので、自分で意識して姿勢をよくして、猫背を治すようにしなくてはなりません。

むくみと片頭痛は密接な関係があります。頭部を指で押して、柔らかく感じた時には頭皮がむくんでいる可能性があります。これが血管を圧迫して片頭痛の原因となっている場合があるのです。

片頭痛が原因頭痛と、血圧が原因の頭痛の症状は非常に似ているため恐ろしい病気を見逃してしまう可能性があります。高血圧は頭痛の他にも様々な病気を引き起こすため、非常に恐ろしい病気です。

片頭痛がある人は、冷え性の人が多く、重症である場合が非常に多いです。冷え性は薬を服用したり、温めるだけでは改善できません。冷え性の体質を改善していくことが大切です。

片頭痛になる原因はさまざまですが、食べ物のアレルギー反応も関係しています。食べ物によるアレルギーの理由は、多くの加工食品に含まれている着色料や香料、添加物が考えられます。

片頭痛の最大の原因はストレスです。多くの人がストレスを感じる要因に疲れや疲労が挙げられます。疲れや疲労を感じるということは、身体や脳がストレスを感じている状態です。

チョコレートは片頭痛の原因ともなり、人によっては片頭痛を緩和させる効果もあります。どちらの場合であっても、チョコレートだけでなく、普段の食事でもバランスを摂っていきましょう。

スマホなどを長時間使用することで、ブルーライトの影響により、片頭痛が引き起こされる原因を生み出してしまうこともあります。適切な使用を心がけていくようにしましょう。

頭痛に悩まされている人が多いです。片頭痛の症状や原因も人によって様々です。常に頭痛薬を持ち歩いている人も多く、アセトアミノフェン製剤は熱を下げ、痛みを抑えてくれるでしょう。

片頭痛の予防薬に用いられるカルシウム拮抗薬は脳血管の過度な収縮を抑え、片頭痛の発作を予防する薬です。飲むことにより脳血管の収縮を抑えてくれるため、痛みを抑えてくれるでしょう。

片頭痛は、頭の中の血管が拡がることで起こる病気ですが、血管が拡がる原因は不明です。いつものことだからと片頭痛を放置するのは危険です。脳梗塞との関係もあると言われています。

片頭痛が起こるのは血管の異常が原因となっており、症状は人により異なりますが女性に多い病気と言われています。女性に多い原因として、女性ホルモンであるエストロゲンが関係あります。

片頭痛の原因や重症度は人によって異なりますが、片頭痛の治療は、急性期治療と予防療法というものがあります。片頭痛で処方される薬は、症状や治療方法によって異なります。

頭痛は大人だけではなく、子どもでも症状が出ます。頭痛として挙げられるのは、慢性的な頭痛である一次性頭痛は、緊張型頭痛、群発頭痛、片頭痛です。症状に気づいてあげましょう。

片頭痛の種類のひとつに、慢性片頭痛があります。発作性片頭痛患者と比べると慢性片頭痛は障害度が高いです。放置せずに原因を調べ、できるだけ早く適切な処置をしなければなりません。

片頭痛の発作によって、日常生活に支障が出る場合があります。発作が月に2回以上ある人や、6日以上ある人は予防療法について知っておきましょう。予防療法のひとつに、薬剤の服用があります。

緊張型頭痛は、毎日のように頭痛に悩まされていることが多い疾患です。緊張型頭痛は、初めの症状は時々であっても、段々と連日性となってしまい、慢性化してしまうことも少なくありません。

片頭痛は、慢性頭痛として最も多いと言われている疾患です。片頭痛と言う名前の通り頭部の片側だけ痛みを感じることが多く、痛みの性質は、波動性と言って、痛みが反復して生じます。

群発頭痛で悩んでいる人は、圧倒的に男性が多いと言われており、女性の約10倍とされています。悩んでいる人の年齢は、20歳から50歳代に多いです。年齢や性別によっても頭痛の疾患は異なります。

高血圧に悩まされている場合は片頭痛の原因ともなるため、食事に気をつけなければなりません。特に、塩分の摂りすぎです。普段の食事で減塩を意識すると頭痛の発生リスクが少なくなるでしょう。

片頭痛が治りにくい人はインスリン抵抗性、高肥満という共通点があります。インスリンを受け取る細胞がインスリンに反応しない人は、減量しても片頭痛が続く率が3.5倍高いです。

片頭痛に悩まされている人の中には閃輝暗点という目がチカチカする症状がある場合に効かない薬があります。この症状がある人やスマトリプタンを服用している人は薬を見直してみましょう。

片頭痛の痛みを抑えるために薬を服用している人がいますが、漢方を飲むことも効果的です。しかし、漢方にも様々な種類があるので、症状や体質によって適切な漢方を飲む必要があります。

頭痛に悩まされている人は、誘因を知っておきましょう。運動不足や精神的なストレス、疲労などは緊張型頭痛が考えられます。アルコールを摂取したときに、頭痛が起きる場合は群発頭痛です。

頭痛には診断基準があります。頭痛には緊張型頭痛や群発頭痛、片頭痛などの種類があり、それぞれ症状や診断基準も異なります。診断基準を参考に頭痛の種類を判断してみてはいかがでしょうか。

くも膜下出血とは、くも膜下腔に出血が生じ髄液に血液が混じった状態を言います。くも膜下出血の主な症状として突然激しい頭痛を訴える人が多く、バットで殴られたような痛みと言われています。

定に保たれている頭蓋内圧が上昇することがあります。頭蓋内圧亢進の場合、頭痛、悪心や嘔吐、うっ血乳頭の症状が出ます。これらの症状がある場合は早期に正しい診断をしなければなりません。

脳腫瘍が原因で起きる症状は頭蓋内圧が亢進する症状と腫瘍によって脳組織が圧迫したり障害によって起きる局所症状です。脳腫瘍の症状として挙げられるのは、頭痛や悪心、うっ血乳頭です。

びまん性星状細胞腫の症状は頭蓋内圧亢進症状と局所症状に分けられ、頭蓋内圧亢進症状であれば、頭痛や嘔吐などの症状が現れます。局所症状では、腫瘍の発生部位に応じて機能障害が現れます。

膠芽腫は脳にできる腫瘍の中で一番悪性度が高く、初めに頭痛の症状が起きる場合が多いです。半分以上の人が膠芽腫を発見してから1年以内に亡くなってしまうと言われています。

VDT症候群(眼精疲労)の症状は、主に目に現れますが、それ以外では肩こり、頭痛、腹痛なども症状として挙げられます。改善するためには、こまめに休憩をとって負担を減らすことです。

頭痛に悩まれていても、人によってそれぞれ頭痛の原因が異なります。不正咬合も頭痛を引き起こす原因の一つです。頭痛以外にも肩こりの症状があります。不正咬合の主な原因は骨格性と歯性です。

水頭症は脳脊髄液が溜まって脳室に拡がる病気のことです。先天性と後天性があり、年齢によって症状が異なります。水頭症が生じる原因は様々ですが頭痛の症状がある場合は放置してはなりません。

ウイルス感染によって発症する病気の一つにウイルス性髄膜炎があります。大きく症状に幅のある病気であり、風邪の症状と同じように微熱や軽い頭痛が症状としてあらわれることがあります。

頭痛を発症させる原因は様々です。その原因の1つに、慢性硬膜下血腫があります。初期の症状では頭痛が多く、血腫が大きくなるにつれて血管と反対側の片麻痺が生じます。

硬膜下膿瘍とは、硬膜とくも膜の間に脳が溜まった状態です。症状は、頭痛、発熱、局所神経症状があります。症状は急速に進行し、昏睡や死に至る危険性があるため、診断をしてもらいましょう。

熱中症の症状は様々あり、頭痛の症状もその1つです。体のだるさ、食欲不振、38度の熱、頭痛など風邪と同じ症状が表れ、病院で受診する人が多いですが、熱中症の危険性もあります。

脳を調べる腰椎穿刺検査があります。ルンバールとも言われる検査は、頭痛が起こることが多いです。安静にしていると効果的だと言われていましたが、研究で動いた方が効果的だとわかりました。

片頭痛でも子どもと大人では、薬の効果が異なります。大人と同じ薬を服用させる前に、子どもの片頭痛に効く薬の効果と副作用についての研究結果を確認する必要があるでしょう。

頭痛に効果的だとされている治療法の一つに、酸素治療があります。酸素治療をする前に、頭痛に対して酸素治療にはどのような効果があるのか、本当に効果があるのか知っておく必要があります。

月経がなくなることを閉経と言い、タイミングは人それぞれ異なりますが平均年齢は50歳です。閉経前後は更年期障害の症状がみられますが、頭痛にも悩まされている女性が多いでしょう。

緊張型頭痛はの原因は肩こりです。緊張型頭痛の痛みを予防するために抗うつ薬を服用している人もいるのではないでしょうか。実際に抗うつ薬が予防効果があるかどうかを調べた研究があります。

くも膜下出血は、突然の激しい頭痛があります。頭痛からくも膜下出血が疑われたとき、ほかの原因と見分けるためにCT検査をすることが多いですが、CT検査でも見逃すことがあります。

日常生活に支障をきたすほどの片頭痛に悩まされている人もいるでしょう。薬を服用している人も少なくありませんが、服用するにあたって、実際の効果と副作用について知っておくことが大切です。