バランスラボはカウンセリング、検査を丁寧に行い、腰痛、肩コリ、頭痛などのケアに取り組んでいる 東灘区JR摂津本山駅から徒歩1分、阪急岡本駅から徒歩7分の整体・カイロプラクティックの施療院です。

めまいについての基礎知識 

Pocket

めまいには、大きく分けて、「回転性のめまい」「浮動性のめまい」そして「立ちくらみのようなめまい」があります。この他にも傾いた状態にいるような感覚になるめまいなどもあり、それぞれ症状や原因が違ってきます。
立ちくらみなどは、空腹や熱射病なども関係しており、小学生の時の校長先生の話が長い時などに具合が悪くなる場合などは、たいていが立ちくらみです。
回転性や浮動性のめまいの場合は、耳や目、脳など様々な原因が考えられ、寝不足や更年期だったというケースも多々あります。
どのめまいの種類においても長引くようであれば、施療を行ってしっかりと治すことが健康を維持する上で必要です。
こちらでは、それぞれのめまい別の症状や原因、対処法などについて解説しています。

めまいには大きく3つの種類がありますが、立ちくらみなどは誰もが経験している代表的なめまいですが、このほかにも浮動性めまいや回転性めまいなどがあるので症状を知ることが大事です。

めまいにはいくつか種類がありますが、回転性めまいも厄介な症状です。耳に原因があることも多く、放置していると難聴になることもあります。また脳の病気が隠れていることもあり危険です。

浮動性めまいの原因として一番多いのはストレスなど自律神経の乱れによるものです。この他にも、眼精疲労、脳疾患、更年期障害、糖尿病、低血圧、高血圧といったことが原因の場合もあります。

立ちくらみには、立っている状態で、急にフ~っ気を失ってしまうような立ちくらみである「血管迷走神経反射」と、立ち上がった瞬間にフラッとする立ちくらみ「起立性低血圧」もあります。

脳や耳などの器質的疾患が原因ではない「めまい恐怖症」は、心因性めまいとも言われ、めまいの症状が続くのが特徴です。心療内科で根本原因にアプローチするとめまいの症状も緩和されます。

夏特有のめまいの原因として考えられるのは、夏バテと熱中症です。その原因は暑さだけではありません。エアコンで室内を涼しくすると外気との気温差で自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

更年期障害初期に火照りや発汗などと一緒に起きやすいのがめまいです。更年期とめまいの関係性は明確に解明されていませんが、原因不明の更年期の女性のめまいは更年期特有のそれと疑われます。

めまいを訴える人の多くが必要な睡眠時間を取っていないと考えられています。めまいには3つの種類があると言われていますが、いずれも寝不足が関係していると言われています。

高齢者のめまいは、身体機能の衰えによるものも多いですが、病気から引き起こされるめまいもあります。高齢者のめまいは若い世代に比べて原因の特定が難しいという特徴もあります。

めまい、耳鳴りの症状は、内耳と呼ばれる耳の気管の異常からくることがあります。「めまい」だけだと思って放置していると、「難聴」も併発していたということも少なくはありません。

起きたらめまいがするという経験をされている方は、多いのではないでしょうか。朝、目が覚めた瞬間に感じる吐き気を伴うめまい。この症状を簡単に治す方法、予防方法があります。

ふわふわするめまいの原因は「筋肉の緊張」「自律神経の乱れ」「動脈硬化」「急激な血圧の低下や高血圧」です。食生活や睡眠、運動でストレスを緩和させ、めまいの症状を治すことができます。

貧血は、頭痛、吐き気、めまい、立ちくらみなどの症状が起きます。自覚症状がないまま貧血を放置してしまう人も少なくありません。鉄分を食べ物で補給し貧血の予防をしましょう。

過労によるめまいの特徴ですが症状そのものは普通の目まいとほぼ一緒です。ただ、メニエール病のような病気を発症する可能性があります。日頃からチェックを怠らないようにしましょう。

動悸を伴うめまいは不整脈のときです。動悸が速くなることが原因で心臓のポンプ機能が十分に働かなくなりめまいを引き起こします。心臓に病気がある方でめまいが起きる方は要注意です。

食欲不振を伴うめまいが起こることがあります。食べすぎたり、アルコールを摂取しすぎたり、脂っこいものを食べたりすると胃の粘膜が荒れて吐き気と共にめまいを引き起こします。

ストレスが原因で、頭が重い、肩こりがひどいなど、めまいの他に様々な症状が起きてきます。また、自律神経が乱れると血液の流れも悪くなるので、めまいが起きてしまうこともあります。

肩こりによるめまいには、筋肉のこわばり、自室神経のバランス、血流障害が原因に挙げられます。同じ姿勢で長時間過ごさないこととストレスをかかえないことが予防策として有効です。

めまいがよく起きるひとは目の疲れが原因であることが多いため、生活習慣の改善、目の疲れを回復させる必要があります。カイロプラクティックはめまいや目の疲れに非常に有効な治療法です。

めまいの原因はさまざまですが、便秘もめまいが起きる原因の一つです。便が腸に詰まり、排出できないだけであまりめまいと関係がないように思えますが、腸内の悪玉菌が大きく関係しています。

食後にめまいを感じる人は食後低血圧の可能性があるため注意が必要です。食後低血圧は、食後に血圧が低下する状態のことをいいます。食後30分から1時間後に症状が出やすい特徴があります。

不意に襲ってくるめまいの原因は、運動不足にあるかもしれません。特にパソコン作業の多い人は、日頃の運動不足を解消していくことで、めまい対策を実践していきましょう。

花粉症そのものが、めまいの原因となっている場合は少なくありません。稀に、花粉症に処方された薬の副作用で起こるケースもあります。同時に予防することで緩和に繋がります。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることにより起こります。身体の大切な器官を動かす神経のため、複数の症状が同時にみられ、めまいも症状の一つです。

不整脈が引き起こす、重大な病気のサインとしてめまいがあります。一時的だと思い放置すると、突然命を落としかねない病気につながるため、定期的に診察や検査をしてもらいましょう。

メニエール病の代表的な症状は、耳鳴りやめまいです。一時的なものや繰り返し症状がでる人がいます。命の危険はありませんが、日常生活を送るのが困難になる危険性があります。

良性発作性頭位めまい症の主な症状はめまいです。頭を動かした時に短い時間、めまいが起こります。自己判断や、自然に治るまで放置せず適切な施療を行うことで、めまいが取り除かれます。

頚肩腕症候群は、主に首から肩や腕、背部にかけての痛みやしびれなどの異常感覚という症状がでます。重度になると、めまいなどの症状が出てきます。原因は日々の生活習慣のことが多いです。

車や船などの乗り物に乗ったときに、めまいや吐き気などの症状が出る場合は、乗り物酔い(動揺病)です。放置していると、症状は重症化するため、予防や対策を行いましょう。

めまいの種類のひとつに、周囲が回転して見える回転性めまいがあります。回転性めまいの原因は健常者によく起こる生理的な刺激が与えられたときや、病的な機能障害があるときです。

迷路障害が起きると、周囲が回っているように感じたり一方向に動いていくように感じる激しい回転性めまいが起きます。迷路障害が起きると、回転性めまいによって日常生活に支障がでてきます。

悩んでいる人が多い回転性めまいですが、回転性めまいを伴う疾患について知りましょう。代表的なのは、耳疾患や第8脳神経障害、前庭核および脳幹の障害、頸部に起因するものなど様々です。

体調不良は体のバランスのくずれが原因かも?!

神戸市東灘区田中町1-8-14クレフ本山1F TEL 078-411-7115 受付時間        定休日:金曜日 
平日:10:00~21:00(最終受付20:00)
土日祝:9:00~20:00(最終受付19:00)
24時間ネット予約受付けしております。

ご予約はこちらから

体調不良は体のバランスのくずれが原因かも?!

お知らせ

夏期休暇のお知らせ

8月13日(日)~15日(火)まで夏期休暇になります ご不便お掛けしますが、宜しくお願いします。

chiro
急に腰・首が痛くなった時
知っておくと便利!お役立ちコラム
食品安全情報blog
ameba

最近の傾向と対策

2017.08.06
兵庫県西宮市では昨日から夏の高校野球も始まり夏真っ盛りです、冷たいビールにアイスが美味しい季節
でも、取りすぎで胃腸に負担かかっていませんか?
胃腸のバランスをとっている自律神経をカイロプラクティックでケアしてより良い夏を過ごされてみるのは如何でしょうか?
2017.02.07
立春も過ぎ、春が待ち遠しいですが
今週から来週にかけて寒さが厳しくなりそうです。
冷えにより、筋肉などの軟部組織が硬くなると
寝違い、ぎっくり腰になりやすいですので
暖かくしてお過ごし下さい。
2016.08.04
熱帯夜が増えてきました。
寝不足になり、夏バテになる事があります
適度にエアコンを使用して、夏を乗り越えましょう。
2016.07.06
夏日続いています、気をつけて下さい
身体が夏の準備を整える前に真夏の暑さになっています
自律神経の機能が低下していると気温に対応しにくいです
普段以上に気をつけてお過ごし下さい。
そして、神経の機能を高めることをオススメします。
2016.06.27
沖縄も梅雨明けて夏至も過ぎて
関西は梅雨本番な感じです。
この時期は気温が25度を境に動きますので
自律神経には負担がかかります。
背骨の状態によっては自律神経に影響しますので
この時期に疲れやすい方は身体のケアをしてみては
如何でしょうか?
2016.04.11
春らしくなってきた所で、急に寒さが戻ってきました。
血流を調節し体温を管理している自律神経にとっては
迷惑な気候ですが、その分各自が生活に気をつけて頂ければと思います。
2016.02.08
昔から三寒四温という言葉はありますが
これからの1週間は急に季節が進みますので
体感しやすいでしょう。
寒さに慣れていた身体にはビックリな変化になり
気温以上に暑く感じる事が予想されます。
体温を調節している神経系がしっかり働いていれば順応しやすいですが、便利な世の中で自身で発熱させる努力をしなくても
暖かい衣類や器具に頼っていた身体では神経系の反応が落ちているでしょう。
神経を整えるカイロプラクティックで整えるのも良し
自身で身体を動かしたり、影響に気をつけた食事を意識するもの大切です。
気をつけてお過ごし下さい。
2016.01.18
明日から一気に寒さが厳しくなりそうです。
また、インフルエンザが流行に入っていますので
一層の風邪対策をしていただければと思います。
手洗い、うがいはもちろん、室内の加湿も
体温を上げるための軽めの運動に湯船で暖めることもいいですね
身体を調節する神経の働きが下がっている方は
カイロプラクティックでのケアも良いかと思います。
しっかり準備をして寒い冬の乗り切りましょう
2016.01.13
気が付けば1月も半ばですね
ようやく冬らしくなってきましたが、如何お過ごしですか?
お正月の反動と寒さで背中のハリなど
体調不良を感じる方が増えています。
よく暖めていただく事と消化の良いものを摂って下さいね。
2015.12.10
今晩からしばらく気温は高め
こんな時は知らない内に身体を冷やしがちになります。
循環不良からくる肩こり、寝違い、ぎっくり腰に
自律神経の不調からくる、身体のダルさに体調不良に気をつけて下さい。
カイロプラクティックケアもお忘れなく♪
2015.12.04
予報通り一気に寒気が入り冬模様になりましたね
でも、来週半ばからは気温がグンとあがりそうです。
体調管理に気をつけるのは、もちろんですが。
神経のバランスを取るために
カイロプラクティックでケアをする事もお忘れなく!
整体やマッサージ、鍼灸、整骨院もいいですが
カイロプラクティックも選択肢にいれてみては如何でしょう?
2015.11.24
明日、一気に寒くなります!!
寒暖差は自律神経に負担がかかります、身体を冷やさない様に気をつけて下さい。
気をつけても、肩こり、腰痛、頭痛などが出る事があります。
症状がでたら早めにカイロプラクティックのケアをオススメします。
整体に接骨院、マッサージなども、状態によって良いかと思います。
まずは我慢せずに早めの対処を!!
2015.11.14
週替わりで気候が変わっています。
神戸市東灘区は今週は気温が高め
この寒暖差が普段から腰痛、肩こり、頭痛を持ってる方には
負担になります。
ただの整体ではなく、全体はみるカイロプラクティックのケアをオススメします。
2015.11.05
週替わりで気温の高低がありますね
今週は神戸市東灘区では比較的過ごしやすい気温ですが
来週からは、また平年通りになるようです。
この様に変化が著しい時は身体の恒常性に欠かせない自律神経に負担がかかります。
結果として片頭痛や寝違い、ぎっくり腰、なんとなくダルイなどの身体症状がでやすいです。
整体やカイロプラクティックなどの施術を受けて
神経のバランスを整えるのも大切です。
2015.10.27
昨日は久しぶりの雨が降り前後で気温の変動が
神戸市東灘区だけではなく、全国的に大きかったようです。
なんとなく身体がダルイ、気が滅入るなど
不安定な体調になりやすいので
お気をつけてお過ごし下さい。
日々のケアとしてカイロプラクティックや整体などで
身体を整えることをお勧めします。
2015.10.25
今朝から気温がググッと下がっています。
神戸市東灘区では朝が14度と今シーズン一番の寒さになりました。
この1週間は先週と比べて低くなりますので、腰や首、背中などのこわばり感が出やすく腰痛、肩こり、背中のハリを感じやすくなると思われます。
また結果として寝違い、ぎっくり腰などになりやすいのでお気をつけ下さい。
当院ではカイロプラクティックをベースに寝違いやギックリ腰になりにくいカラダづくりもめざしていますので
予防を考えれていましたら、ご相談下さい。
2015.10.21
神戸市東灘区は今週気温が高くなっています。
季節の逆戻りによって、身体への負担が増えて
寝違いやぎっくり腰になりやすくなっておりますので
お気をつけてお過ごし下さい。
2015.10.06
 icon-warning 神戸市東灘区の最高気温が25度を切ってきました。
ヒトの体温調整は25度を基準に保温したり、発熱したりする為
これからは、身体を冷やさない様にする事を心がけて欲しいです。
自律神経が乱れていれば調整も上手くいきませんので
整体やカイロプラクティックの施術で神経のバランスを整える事をオススメします。
またセルフケアとしては呼吸法なども良いと思われます。
2015.10.03
今朝の神戸市東灘区の最低気温は今季で一番の低さになったようです。
日中は日が出てるので体感的にも10度以上の寒暖差を感じると思われます。
体温を調節する自律神経には負担の掛かる気候ではありますが、感覚では清々しい秋晴れの日になります。
しかし、バランスのとれていない方には負担です。
セルフケアとして、こまめな脱ぎ着と水分補給です。
また、神経を整えるためにカイロプラクティックや整体でケアをする事も良いです。
未病の段階からのケアも考えていいのではないでしょうか。
2015.09.22
シルバーウィークも後半ですね
ここしばらく神戸市東灘区の天候は恵まれています。
気温も25度前後で過ごしやすいのですが
これくらいだと、気がついた時に冷えすぎ、もしくは水分不足になるので、意識的に行動して下さい。
2015.09.15
今週は気候がわりに安定していそうですね。
神戸市東灘区の気温のブレも少なくなり
こんな時は調子の良い方が多いかと思います。
来週の秋分の日がすぎれば徐々に冬に近づいていきます。
体調の良い時こと、身体のメンテナンスに運動など心がけましょう。
2015.09.08
今年は台風がバンバン来ています。
神戸市東灘区にも近づくおそれがあります。
こんな時は、自律神経に負担が掛かり
普段何でもない事が身体にはきつい事があります。
その結果、腰痛、肩こり、頭痛などを感じる事があります。
明日、明後日は台風が近づきますので気をつけて下さい。
2015.09.05
急性の症状を感じる方が増えています。
急に秋になった事で身体がついていけず
腰痛・寝違い・頭痛を感じる方が増えています。
神戸市東灘区の最低気温がここ数日下がり続けているのが
原因かと考えられます。
しばらく、体調管理に気をつけて下さい。
2015.09.02
気候が不安定です。
自律神経に負担の掛かりやすい季節になっています。
日中、暑く、夜は涼しくなってきています。
神戸市東灘区の最低気温が24度と25度を下回り始めているので
こまめに脱ぎ着をして体温調整をして頂きたいのと
まだまだ、水分補給は大切ですので
紫外線対策とともに行ってください。
2015.08.25
台風が近づいた事で気圧の変動が大きくなっています。
神戸市東灘区の気圧はここ数日で一気に下がっています。
その影響で頭痛やダルさなどの体調不良を感じる方が増えています。
変化に身体がついて行けていないからだと思われます。
こんな時こそ、規則正しく過ごしていただき
自律神経に負担のかけないよう過ごして頂きたいです。
2015.08.01
暑いです!とにかく暑いです!!
神戸市東灘区の最高気温35度越えそうです!!
水分補給も大切ですが
ミネラル補給、紫外線対策もお忘れなく。
発汗が多くなりますので同時にミネラルも損失しています。
熱中症は怖いですが、ミネラルを損失する事で頭痛やふらつき、身体のだるさなど感じる事があるかもしれませんご注意下さい。
日焼け(サンバースト)する事で熱を逃がしにくくなると
熱中症のリスクが高まります。また、皮膚は外のと隔たりでバリアの役割をになっていますのでケアをお忘れなく。
2015.07.23
梅雨は明けましたが
スッキリしない天気が続いています。
神戸市東灘区の昨日の湿度は85%!!
台風もこの時期にしては近づいて来る事が多そうです。
こんな時は、寝違い、ぎっくり腰、体調不良など多くなります。
体調管理に気をつけましょう。
2015.07.04
梅雨真っ只中ですね。
神戸市東灘区は24度/23度と最低気温が高く
ジメジメ、ムシムシしていますが
日によって肌寒く感じる事が多くあります。
この時期は体調を崩しやすいです。
冷たいものを取り過ぎないように、でも水分はこまめに取って頂きたいです。
2015.06.16
沖縄では梅雨明けしましたが、その分本島では気候が不安定になっています。
その影響か寝違い、ギックリ腰の方が急増しています。
神戸市東灘区は23度/20度と温度差が少ないです。
毎度の事になりますが、気候が不安定になると自律神経に負担がかります、体調を崩しやすくなります。
こまめに脱ぎ着する事、質の良い睡眠、バランスの良い食事を心かげましょう。
2015.06.03
雨が降ったおかけで、気温の上がりが落ち着きましたが
その分、湿度が上がってジメジメしています。
神戸市東灘区は25度まであがりそうです。
エアコンの効いている施設が増えてきていますので
こまめに脱ぎ着をしましょう。
2015.05.25
もう夏の様な感じの暑さですね
神戸市東灘区は最高気温が高くなります。
この時期から増えてくるのが
エアコンによる体調不良です。
もう、すでに来られている方がいらっしゃいます。
エアコンの風を直に当たらないように
冷たい空気は下にたまるので、足元が冷えないように
外気温との温度差もストレスになるので設定温度は高めに
するよう気をつけましょう。

2015.05.13
台風が過ぎて一気に夏日になりそうです。
神戸市東灘区の気温は一気に上がりそう。
水分不足で熱中症にならないよう、渇きを感じる前に水分補給を行いましょう。
また、紫外線も強くなります。日焼けすることでも身体の放熱の仕組みが変わりますので、日焼け対策もお忘れなく。
2015.05.06
明日から仕事の方も多いのではないでしょうか?
GWで生活リズムが変わった事で、身体がすぐに対応できず
疲れが抜けにくくなる事があります。
質の良い睡眠、バランスの取れた食事を心がけることで、リズムを取り戻しましょう。
2015.05.02
寝る時の服装に注意!!
神戸市東灘区の朝と夜の気温が25度をはさんで行ったり来たりする
ここ数日ですが、自律神経にとってはとても負担になります。
夜、暑いなと思って寝てしまうと
思わぬ寝冷えで、体調を崩す事になりかねません。
せっかくのGWです、気を付けてお過ごし下さい。
2015.04.23
寝違い、ギックリ腰に注意して下さい。
日中が暖かくなりましたが、朝晩には冷える事が多い、今の季節、
自覚している以上に冷えてしまう事があります。
冷え切った筋肉は急な伸びに対応出来ません。
こまめに脱ぎ着して対応して下さい。
神戸市東灘区の最低気温は低いので気をつけましょう。
また、ギックリ腰になりにくい身体づくりに
カイロプラクティック、整体をうけて
メンテナンスをしましょう。
2015.04.16
今日は日中ずいぶん気温が上がったみたいです。
この時期、気温が上がると
普段水分補給の習慣がない方は
脱水症状の様な訴えが多くなります。
こまめに水分補給をして下さい。
神戸市東灘区の最高気温は高くなりそうです。
体温調整をする自律神経を整える事も大切
カイロプラクティックや整体の施療を受ける事もオススメします。
2015.04.06
明日辺りから、気温が下がってきます。
水曜には真冬なみに戻るそうなので、暖かい気候になれ始めた身体には負担になります。
冬物の準備しといて下さい。
神戸市東灘区の気温は不安定です。
2015.03.30

日中は初夏の陽気になる事もあります。
水分補給をしっかりして下さい。
また、急な気温の変化で自律神経に負担がかかっています。
質の良い睡眠を心がけてください。
また、カイロプラクティックや整体のケアを受けることも勧めします。
神戸市東灘区は暑くなりそうです。