Pocket

こんな時、暖めるんですか?冷やすんですか?

当院では冷やして下さいと伝えます。
なぜなのか?それは暖めて得られるメリットより大きいと感じているからです。

暖める、冷やすで比べてみましょう
暖めると、血管が広がり血流が良くなります、筋肉などの組織もゆるみます。
冷やすと、炎症物質の広がりを落ち着かせてくれます、痛みが感じにくくなります(域値の低下)

ざっくり、こんな感じです。

暖めると筋肉がゆるむので、原因になっている組織が
ゆるくなり、痛みの緩和も期待できるのですが
痛みの物質が広がるので(血流が良くなるので)
より痛くなる可能性もあります。

ですから、リスクも伴うのでまずは冷やす事をオススメします。

この方は暖める事、電気を当てる事を進められたそうです。
炎症反応(この方でしたら膝に水がたまっている)が
落ち着いてからの方がよいのではとお伝えしました。

東灘区魚崎からご来院頂いた方の症例です。
参考になれば幸です。

2015.07.11 追記
こちらに、もう少し詳しくまとめてみました。